作品図版
国宝《孔雀明王像》平安時代・12世紀 絹本着色 147.9x98.9cm
東京国立博物館

国宝《孔雀明王像》平安時代・12世紀

1.作品解説

 仏画とよばれる、仏教にまつわる絵画です。平安時代、12世紀に描かれました。孔雀の上に乗っているのは「孔雀明王(くじゃくみょうおう)」です。孔雀は、毒蛇や毒草を食べてもそれを栄養にしてしまう力があるそうで、その力を神聖なものと見なして考え出されたのが孔雀明王です。

 明王は、左右2本ずつの手を持ち、それぞれに蓮華孔雀の羽、多産の象徴とされるざくろなどを持っています。明王の白い肌は朱色の輪郭線で描かれ、衣はピンク色、オレンジ色、緑色などを輪郭にむかってグラデーション状に明るくぼかしています。その上に、金の細い線で編んだ網をかけたような繊細なもようが重ねられています。これは糸のように細く切った金箔をもようの形に沿って貼る、「截金(きりかね)」という技法です。

 こうした仏教の儀式に用いる仏画は、夜の暗い儀式空間で使用するもので、儀式に関わる人以外が見る事はなく、美しい絵として楽しむために作られたものでもありませんでした。それでもこれだけ繊細に飾られたのは、美しく入念に作られるほど、注文主の祈りの気持ちの成就に近づくと考えられていたからです。

○解説リンク

2.キーワード

キーワード:歴史と信仰(中2・3)
「美しさが、祈りの強さの表れ」

○キーワードにつなげるヒント

 繊細な截金や、美しい彩色など、細部を見ればみるほど、途方もない技術と労力が費やされたことが想像できます。「色の塗り方」「もようのつけ方」などをキーワードに詳細に観察し、緻密な表現に気づいていきます。一方、こうした美麗な表現も、当時は見る人も限られ、暗い儀式空間では細部の色調などが見えなかったことを指摘し、「何のためにここまで緻密かつ美しい表現を追及したと思うか」と、そもそもの制作意図や用途にまで思いをいたらせてみましょう。


このページのトップへ戻る